どうも、かぴーです。

 

 

どんな人間でも、悩んだり、後悔したりするときがあると思います。

 

どうしたら悩まないで、進むことができるのでしょうか。

 

先日、こんなTwitterでこんなツイートをしました。


 

人間はやはり孤独では生きられないようだ。
苦しい時は人を頼りにするが、それでは自分自身の成長にならない。
インプットを多くすることで、苦悩は解決する。
逆に言えば、苦悩するということは、インプットが少なすぎる。

 

世の中知らないことだらけ

 

「現代は情報社会」そんなのは当たり前で、ちょっとわからなければGoogleで調べればいいのです。

 

これだけ、情報が扱いやすく、ちょっと調べれば何でも答えが出て来るのに、僕たちは常に分からないことだらけで悩みます。

 

どうしてなんでしょ?

 

答えは簡単で、

 

自分の頭に入ってないから

 

なのです。

 

もっと詳しくいうと、自分の体感的経験に基づく知識ではないからです。

 

調べた知識では、その経過が分からない場合があり、その方法が果たして正しいものなのかという点が不明なので、結論として、また悩んでしまう場合が多いです。

 

まずは、行動する。

 

一番の解決方法は、「行動する」です。

 

行動すると、今まで知識ではわかり得なかった、「体感的経験に基づく知識」が付いてきます。

 

一度にやろうとすると、大変なので、ハードルを一番低いところから始めて下さい。

 

それで十分。

 

少しずつ、継続的に

 

行動は、継続的に行動することで、徐々に慣れ、ハードルを高く、そして広くすることができます。

 

そして行動はスピードを増していくのです

 

現在・過去を未来と切り離す

 

要は、未来の思い描いた自分に今からなることです。

 

そう振舞うことによって、おのずとモチベーションが上がり、堂々とした考え方に変化します。

 

くよくよ悩んでいるだけのモチベーションでは、先へ進まないのです。

 

なりたい自分を宣言する

 

勘違いは大いに結構。

 

宣言することで、退路を断てます。

 

もうやるしかないのです。