最新MicrosoftEdgeは拡張機能を使わないと疲れます【おすすめ10選】

 

最新のMicrosoft Edgeで拡張機能を使いたいけど、どこから見つければいいのかな?
また、どんなものを入れておくと良いのかな?

 

どうも、かぴです。

 

 

最新Microsoft Edgeは、もう使っていますか?

 

いいですよね、サクサク動いてくれるし、拡張機能もたくさん使えるようになって、以前のEdgeより生産性が抜群に向上しました。

 

それに、Google Chromより、設定が分かり易いということで、最近はChromeよりもEgdeを好んで使っています。

 

 

最新Microsoft Edgeは、Google ChromiumベースなのでGoogle Chrome用の拡張機能が使えます。

 

というか、拡張機能を使いたいから、最新のMicrosoft EdgeはChromiumベースで開発されたものなので、拡張機能は使って当たり前です。

 

 

その辺を含めて、拡張機能の設定の仕方、おすすめ拡張機能10選を深堀して解説していきます。

 

豊富にある拡張機能

 

現在、最新Microsoft Edgeの拡張機能を入手する方法は、サイト『Microsoft EgdeアドオンBETA』と『Google Chromeウェブストア』からの入手が可能です。

 

Microsoft Egdeアドオンストア

 

Microsoftの『Microsoft Egdeアドオンストア』というサイトから入手することが出来ます。

 

なお、Microsoftホームからも入手が可能ですが、最新のMicrosoft Egdeお使いの場合、追加できない拡張機能や旧拡張機能もあるため、こちらのサイトをおすすめ致します。

 

引用:Microsoft Egdeアドオンストア

 

Google Chromeウェブストア

 

『Google Chromeウェブストア』ではMicrosoft Egdeでも拡張機能が追加できることが、表記でされています。

 

追加の場合は、Microsoft Egdeをお使いの場合でも『Chromeに追加』のボタンをクリックしてください。

 

引用:Google Chromeウェブストア

 

拡張機能おすすめ10選

 

Microsoft Edgeを使う上で、僕が実際使っている、おすすめする拡張機能10選をご紹介します。

 

実際、追加して使ってみて必要ないと思ったら、削除も出来ますので、気軽に追加して見て下さい。

 

YouTubeヘビロテ必須!広告ブロック!Adblock Plus

 

引用:Adblock Plus

 

この手の広告ブロック拡張機能は、いろいろ出ていますが、実際使用してみた感触として、この『Adblock Plus』が一番安定していて実用的だと思います。

 

機能は以下の項目に適応します。

  • 迷惑な広告やポップアップをブロック
  • 煩わしいYouTube™広告をブロック
  • ページの読み込み時間を改善する
  • 有害な「マルバタイジング」を撃退する
  • 追跡を停止してプライバシーを強化する

 

また、カットした件数も把握でき、閲覧の分析などにも活用できます。

 

仕事生産性向上するなら、タブ上で完結させる!Office

 

引用:Office

 

仕事効率化と言えば、やはり生産性向上の高い『Office』この拡張機能は必須です。

 

 

拡張機能のOfficeは、タブ上での使用になり、保存されたOffice(word、Excel、PowerPointなど)のファイル操作も出来ます。

 

Webブラウザ上で済ませてしまうという発想!Googleドキュメント、スプレッドシート、スライドでOfficeファイルを編集

 

引用:Googleドキュメント、スプレッドシート、スライドでOfficeファイルを編集

 

Webブラウザ上で済ませてしまうという発想は『Googleドキュメント、スプレッドシート、スライド』などChromeにもありました。

 

OfficeのWordやExcel、PowerPointを使うたびに立ち上げるのでなく、常にWebブラウザ上のタブの一つとして操作することで、生産性は向上します。

 

実際、使用している感触としては、スピード感を持った操作が可能です。

 

正しい日本語を書く!Microsoft Editor

 

引用:Microsoft Editor

 

Microsoft Wordの文章校正、校閲機能は、Wordが人気の理由なのですが、それをWebブラウザ上で出来てしまったらどうでしょう。

 

文章校正がMicrosoft Egdeでも出来てしまう拡張機能、『Microsoft Editor』です。

 

Microsoft Edgeは、言わずと知れたMicrosoftなのでそれが可能です。

 

分からないときに、瞬時に翻訳!ワンクリック翻訳

 

引用:翻訳者

 

Google翻訳のEgde版『翻訳者』です。

 

使い方は、Google翻訳と同じで、翻訳したいワードを選択して、アイコンをクリックします。

 

また新たに、翻訳のタブを開き、その語句やワードをコピペして、やっとのことで翻訳するわけですが、これは翻訳したい語句を指定して、すぐに翻訳できるんです。

 

Egdeを使う上では、追加していて損はない機能です。

 

Googleの翻訳!Google翻訳

 

引用:Google翻訳

 

こちらは、言わずと知れた『Google翻訳』です。

 

Chromeウェブストアから追加できますが、動作確認しました。

 

Egdeでも、Chrome同様に機能します。

 

開いたタブを一つにまとめる!OneTab

 

引用:OneTab

 

タブをたくさん開きすぎて、作業効率が落ちてしまう時に使いたいのが、『OneTab』です。

 

複数のタブを1つにまとめ、リスト化することで、分かり易く、しかも、メモリ容量も軽減できサクサク動きます。

 

たくさんのタブを開きすぎて、苦労している方、おすすめです。

 

後で読むのためのポケット!Save to Pocket

 

引用:Save to Pocket

 

何かものを調べていたりする時に、気になるサイトが目に入る時ってありますよね。

 

時間がなくて、後から見るためにお気に入りに入れたり、URLをコピペしたり、人それぞれかと思います。

 

そんな後から読みたい人たちのために、『Save to Pocket』便利です。

 

アイコンをワンクリックするだけ、そして後から好きな時に読めます。

 

Evernoteの拡張アイテム!Evernote Web Clipper

 

引用:Evernote Web Clipper

 

『Evernote  Web Clipper』のMicrosoft Edge版です。

 

Web クリッパーがあれば、ブックマークが不要になり、手元に残しておきたい Web ページをクリップして、Evernote に保存します。

 

保存したクリップは、どの端末でも読めるようになります。

 

Evernoteの活用性を広げます。

 

Evernoteを使用している人は、追加して見て下さい。

 

拡張機能は自分の不便を考えると良い

 

『拡張機能』と考えると、最初に思うのが、「何を使ったらいいのか分からない。」ということだと思います。

 

そんな時は、Egde使っていて『自分の不便』を探してみるといいと思います。

 

カテゴリ分けされている拡張機能

 

また、『Egdeアドオンストア』『Chromeウェブストア』共に、拡張機能がカテゴリで分けられているため、『自分の不便』で必要な拡張機能が見つけやすいです。

 

 

下記のようなカテゴリに分けられています。

 

カテゴリ

 

拡張機能に付随するカテゴリは、Google Chromeとほぼ同様です。

 

例に挙げると、『仕事効率化』等のカテゴリは、そのまま反映されています。

 

結論:拡張機能は、必要なものだけ追加しましょう

 

Microsoft Edgeが、Chromiumベースになってから、Egdeで使用できる拡張機能は、以前よりも爆発的に増えました。

 

そのため、数が多すぎて、『本当に必要なものが確認できていないので、どれが必要なのか分からない。』ということがあげられると思います。

 

拡張機能の実績は、Google Chromeをお使いの方だったら、どれが良いのか分かると思いますが、実際は、『Chromeで使えてもEgdeでは使えない。』という拡張機能も見受けられます。

 

実際、追加して見て、動作確認をしてからの使用となっているのが実状のようです。

 

今後の開発に期待しましょう。

 

以上です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事